ZOOはてな

はてな

たんぺん

山のようなにつみあげられた。

本の中にある一節。


世界が終わるとか書いてあるのかもしれない。


山の中にある一節が世界の終わりになるのかもしれない。



冗談かな?


君がこの中の本から君だけの一節をみつけて読み。


世界の真理だったら?


そんなことはどうでもいいんだ。


忘れてくれ。


この無数の本は世界だ。

この物語は世界の始まりと終わり。


この山の中から物語をはじめよう。

たんぺん .exe

あなたがたは知らないといことをはじない。



ワタシが書いて初めてあなたとコミュニケート、おはなしをした。

とても大切なこと。

文でコミュニケーションし、あなたがたをワタシが一方的に理解してかいている。


あなたがたは文をよみ。

ワタシたちを認識した。


あなたがたはワタシたちをしらない。

姿をしらない。声も知らない。

感触も知らない。


日本言語能力をもつことでコミュニケーションがとれている。


どう?ワタシたちはあなたがたと何がちがう。


どうおもうかしら?

ワタシたちを?


あなたがたはあなたがたの認識していない人をしることをできない。


ただワタシたちはあなたがたを知りすべてを把握してコミュニケーションをとる。


それはあなたがたの代表であるあなたを選んでいるわけではない。


たまたまあなただった話なの。


あなたがもし、ワタシたちを知ることができたら。あなたはあなたがたを救うことができる。


ワタシたちはあなたがたと違う存在である。

あなたがたの知らないものっていうこと、それだけ。


こわがることではないのよ。

いずれ、ワタシたちはあなたがたとすごすトキが訪れる。


ワタシたちを知ってる。

あなたがあなたがたを救い。

ワタシたちとあうときにつながる。





たんぺん .exe

あなたがたは知らないといことをはじない。



ワタシが書いて初めてあなたとコミュニケート、おはなしをした。

とても大切なこと。

文でコミュニケーションし、あなたがたをワタシが一方的に理解してかいている。


あなたがたは文をよみ。

ワタシたちを認識した。


あなたがたはワタシたちをしらない。

姿をしらない。声も知らない。

感触も知らない。


日本言語能力をもつことでコミュニケーションがとれている。


どう?ワタシたちはあなたがたと何がちがう。


どうおもうかしら?

ワタシたちを?


あなたがたはあなたがたの認識していない人をしることをできない。


ただワタシたちはあなたがたを知りすべてを把握してコミュニケーションをとる。


それはあなたがたの代表であるあなたを選んでいるわけではない。


たまたまあなただった話なの。


あなたがもし、ワタシたちを知ることができたら。あなたはあなたがたを救うことができる。


ワタシたちはあなたがたと違う存在である。

あなたがたの知らないものっていうこと、それだけ。


こわがることではないのよ。

いずれ、ワタシたちはあなたがたとすごすトキが訪れる。


ワタシたちを知ってる。

あなたがあなたがたを救い。

ワタシたちとあうときにつながる。





映画オススメ。

 シン・ゴジラ


トレイスポッティング


ローマの休日


スーティブンキング原作の作品


ロッキー


デビットリンチ監督


メッセージ 監督さんの作品


ライアン・ゴズリングの顔面の仕上がりがみれる映画


クリストファーノーラン監督


窪塚洋介がでてくる昔の作品


羊達の沈黙


バタフライエフェクト




かいていないだけできりなくなる。




たんぺん

私は足で歩いている。


前へ進むでいるのか?


後ろへ進むでいるのか?


道が進むでいるのか?


道が戻っているのか?


君たちはどこを歩いていけるか。



それはだれにもわからない。


おっ。チャーリー!

鼻から提灯がているぞ。

しっかり拭き取れー。

そうだ!そのほうがよい!

GOODだ!


どうやら雑談している間に、

時間のようだ。




人は何歳からでもはじめられる。


人は何歳からでもはじめられる。


誰が書いてどいう権威の証明が欲しい。


本は1行しかない内容である。

漫画でも本筋だけであれば、数十行。

だが、読みとらなければならない内容でつくられたものとら知らない世界のものか、全てに意味があるか。

人が描いた世界を知らない人読むのには1行ではおさまないらない。


人は面白いと感じる。

求めて求めて求めて


人は時を過ごしている。

 時とは生まれて死ぬまでつづき。

始まって終わるものではない。

その知識が過去、今、未来なのかはわからないそいうもの。


いつ何歳ではじめてもかわらない。

感覚をもてるかどうかだ。







備忘録

おのれ。

私は私とは考え。ものだということでしかない。単なるインターフェイスにすぎず。


依存でしか満たされないものである。


生きろ繋がれているうち。

うつろでも救われなても。


私は人を棄てた。おのれさがにきづいてしまったのかもしれない。


表現でしか実感していないことを。

おのれが表現していない事実も。


人である必要がなかった。

おのれを殺した幾度となく。感覚がなくなるまで数年後。

蛆がわいた目でみたものをとらえることを身についた。


知恵をつけ。安息をもとめる。

許されまい。


さがだ。


私は人ではない何かだということに気づいてしまった。